TSさん

 

 

 

- profile -

 

 

令和2年度(2020年度)入社。
 
 

 

 

情報分野に詳しい、詳しくないは関係ない

就職活動中に、「企業説明会等で情報分野に詳しくない方でも大丈夫です。」という説明をしていただいてたのですが、正直なところ入社前までは半信半疑でした。しかし、入社してみると説明されていたことは本当のことだと感じました。
研修制度のおかげで、情報分野に関する知識やプログラミングを教えて頂けるので情報分野に無知の方でも問題ないと感じました。
そして何よりも、周りの先輩方や同期が優しいので相談や質問がしやすい環境が整っていると感じます。周りの方のおかげで、現在私は安心して仕事ができています。

 

生まれ育った地域で働き、貢献したい

生まれ育った地域で働きたい、様々な経験が行える所で働きたいと思いアイシーエスに入社を決めました。当時、「育ててくれた地元のために貢献したい」を第一志望理由に掲げ、就職活動を行っていました。そんな中で、岩手を中心に県や市町村向けにシステムを提供しているアイシーエスのことを知り、住民の生活を支える仕事に私も携わってみたいと思うようになりました。
また、自社でシステムを開発しており、製造から設計まで幅広い分野の仕事に携われるため、様々な経験を積むことができると考え、就職しました。

 

携わった仕事が地域の役に立っていると実感したとき

現在、住民向けシステムのプログラミングが私の主な仕事です。一から作成したプログラムが実際に動いた時もやりがいを感じますが、携わったシステムが地域に役立っていると実感した時が一番やりがいを感じます。私の部署ではお客様と直接関わる機会が無いため、携わったシステムがお客様のところで動いているところは確認できません。そのため、私生活の中で送られてくる通知書類が、実は自分がプログラミングしたシステムから発行されていると実感できたときは嬉しいです。

 

新規処理の製造

4月に入社し、6月までは研修期間のため、部署に配属されるのは7月からになります。部署に配属されてからはお客様が使用するシステムの製造に携わるようになりました。1年目の8月に新規処理の製造を任せて頂きました。当時は、会議や打ち合わせで出てくる単語すら意味が分からず、日々単語を調べながら覚えていました。そのため、新規処理の製造で何をどのようにして良いかも分からず、先輩や上司に質問ばかりしてしまいご迷惑を沢山かけてしまいました。作業時間も予定より多くかかりましたが、製造終えた後は達成感を感じました。